マッスルキャビティ(MC)という冠を持ったMC-501は、MB-5005の譜系を受け継ぎながらさらに性能が進化。
バックフェーススリットなどから約21gの重量を捻出、それらをソール部分に集中配置しました。
しっかりとした心地よいインパクトフィールを持たせながら、キャビティバックのようなやさしさを併せ持つ、
上級者がアイアンニ求める性能を高次元で両立させたバランスの取れたアイアンヘッドです。